東京都の参拝神社

松島神社【東京都中央区日本橋人形町】

投稿日:

松島神社(東京都中央区)の参拝記

松島神社
日本橋七福神

神社名松島神社(まつしまじんじゃ)
鎮座地東京都中央区日本橋人形町2-15-2
御朱印あり(他に七福神、限定で11月に大鳥神社も)
御朱印帳オリジナルあり

松島神社(東京都中央区)の御祭神

稲荷大神(イナリノオオカミ)
伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)
伊邪那美大神(イザナミノオオカミ)
日前大神(ヒノクマノオオカミ)
北野大神(キタノオオカミ)
手置帆負神(タオキホオイノカミ)
彦狭知神(ヒコサシリノカミ)
淡島大神(アワシマノオオカミ)
八幡大神(ヤハタノオオカミ)
猿田彦神(サルタヒコノカミ)
琴平大神(コトヒラノオオカミ)
天日鷲神(アメノヒワシノカミ)
大宮能売神(オオミヤヒメノカミ)
大国主神(オオクニヌシノカミ)

松島神社(東京都中央区)へのアクセス

駐車場:なし(近くに有料駐車場あり)

最寄駅:人形町駅(東京メトロ日比谷線)、水天宮前駅(東京メトロ半蔵門線)、人形町駅(都営浅草線)

松島神社(東京都中央区)の案内板由緒

由緒

鎌倉時代の元亨(1321)以前、この辺りが入り海であった頃小島があり諸神を勧請し、夜毎掲げる燈火を目標に舟人が航海の安全を得たと伝えられる。島内松樹鬱蒼たるにより人々松島稲荷大明神と唱え、正徳三年(1713)新町が開発される時に社号を因んで町名を松島町と称した。当時付近を埋め立て武家屋敷を造営するために、日本各地から技をもつ人々が集められそのまま住いを構え町の中心に位置した松島稲荷に、それぞれの故郷の神々の合祀を頼んだために他社に比べ御祭神が十四柱と多い。
明治七年四月二日松島稲荷神社の名称を以て村社に列格される。
大正五年六月十日松島神社と改称。
昭和八年二月一日都市計画法の実施に伴い蛎殻町四丁目に改称せられ、その為松島町は消滅する。

松島神社(東京都中央区)参拝記

松島神社は、東京都中央区日本橋人形町にある水天宮交差点から新大橋通りを北東に進んだところに鎮座する。

ビルの1階右側にある神社で、建物の一角が敷地となっている。

駐車場は無いが、近隣に有料駐車場がある。

最寄駅は人形町駅と水天宮前駅があるが、水天宮から近いので両方参拝すればいいと思う。

鳥居を潜り参拝する。

社殿を見てみると、すぐに本殿がある。

天井が高い。

都内にはビルの中や一体化している神社は多い。

地方では見かけない、新しい形だと思う。

社殿前の狛犬。

見た感じ江戸時代っぽいけど、どうなんだろう?

結構古いのかな。

御朱印は社殿左側の授与所で頂ける。

松島神社の御朱印は、松島神社以外に日本橋七福神の大黒神と、11月の大鳥神社の御朱印が頂ける。

松島神社オリジナル御朱印帳もある。

-東京都の参拝神社
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© プチ神楽殿 , 2018 All Rights Reserved.